【生活相談員 仕事内容】仕事内容と必要な資格はなに?仕事は大変??

スポンサーリンク
仕事
寅さん
寅さん

生活相談員って一体なんの仕事をする人のこというの?

白鳥さん
白鳥さん

確かにわかりにくい名前の仕事だよね。でもね、重要な仕事なんだよ。

スポンサーリンク

生活相談員とは

はじめまして、デイサービスの生活相談員をしております、光工房です。

皆さんは、生活相談員と言われて、どんな仕事をしているかわかりますか?

おそらく、初めて聞いた人は何の仕事をしているのか

全然わからないと思います。私自身そうでしたし、

今でも何で生活相談員っていう名前なのかわかりません。

生活??普通に相談員だけでいいんじゃないのかって。


仕事の内容は、

①利用時の契約

②ケアマネージャーとの連絡・調整・相談

③介護業務

④請求業務

この④つです。



私がブログを始めたばかりの時に書いた記事です。

給料は、手取りで180,000円前後ですね。

地域によって±20,000円くらい変わるのではないでしょうか?


今回は、さらに突っ込んでいきます。

福祉の仕事の中には、相談員って名前の付く職業って

結構あります。


必要な資格は

まず始めに、生活相談員についてです。

デイサービスや、介護施設の生活相談員になる為には、必要な資格があります。

・社会福祉士

・社会福祉主事

この二つのどちらかの資格が必要となります。

何が違うのかというと、

任用資格か国家資格かの違いです。

社会福祉士は国家資格で、社会福祉主事は任用資格です。


似ている仕事は



福祉業界には、似ている仕事があるといいましたが、

①デイサービス・ショートステイの生活相談員

②障がい者施設の相談員

③病院の医療ソーシャルワーカー(MSW)

④老人施設の生活相談員

⑤ケアマネージャー(CM)

大きく分けて、この5つです。


デイサービス・ショートステイ生活相談員

①の、デイサービス・ショートステイの生活相談員ですが、

私がやっている仕事です。

社会福祉士や社会福祉主事の資格があれば働くことができます。

在宅にいる方がデイサービスを利用したい時に契約を行ったり、

利用されて身体的・精神的な変化があれば、ご家族や担当のケアマネへ

連絡を行います。


障がい者施設の相談員

②の、障がい者施設の相談員ですが、

精神福祉士や社会福祉士の資格を持っていれば働くことができます。

就労支援の仕事とサービスを利用する調整をしています。

働くために訓練を行う施設を案内したり、

自宅で生活が困難な場合に、サービスを利用する調整を行います。

イメージとしては、ハローワークとデイサービスの相談員が合体した感じです。


病院の医療ソーシャルワーカー

③の、病院の医療ソーシャルワーカーですが、

社会福祉士の資格を持っていれば働くことができます。

入院患者が退院後に行く場所を確保したり、

身元不明の方が運ばれてきたら、その対応を行います。

あとは、支払いが難しい時にサービスを申請したりとかです。


老人施設の生活相談員

④の、老人施設の生活相談員ですが

デイサービス・ショートステイの相談員と同じように、

社会福祉士や社会福祉主事の資格を持っていれば働くことができます。

営業をする専門の場合と、

施設に入所している方のご家族様と連絡、相談をする場合があります。

前者は、説明会を開いたり、地域包括への営業などを行い、顧客を獲得します。

※営業の場合は資格はいりませんが、あれば有利だと思います。

後者は、入居している方のご家族との連絡・相談や

受診の対応を行ったりします。


ケアマネージャー

⑤の、ケアマネージャーですが、

介護支援専門員という資格を持っていれば働くことができます。

地域包括支援センターや居宅支援介護事務所、施設で働くことになります。

業務内容は、簡単にいってケアプランの作成です。

その中で、モニタリングやカンファレンスなど、

担当の方が行う事があります。

他にも、認定調査をやったりもします。


実際の業務は

利用時の契約、ケアマネージャーとの連絡・調整・相談、介護業務、請求業務

の4つが実際の業務とお伝えしましたが、

一日の流れを紹介します。


  • 8:00  送迎
  • 9:30  迎え入れ
  • 10:00  連絡帳の確認
  • 10:30  明日の利用者の確認
  • 11:00  電話連絡
  • 11:30  昼食準備
  • 12:00  休憩
  • 13:00  午前中の記録入力、状態確認
  • 14:00  前日電話
  • 15:00  状態変化のある方がいれば、報告書作成
  • 15:30  帰る前のトイレ介助
  • 16:00  連絡帳の返却、車への乗車介助
  • 16:30  ケアマネへの報告
  • 17:00  業務終了


というような流れです。

この流れは、何もない時の一日ですが、

利用者の方のカンファレンスがあれば、外出しますし、

契約があれば、契約をしに行きます。

あとは、帰りも送迎を行うことが多いので、18時に業務が終わることが多いです。


就職する場所によって、現場に入らないところもあれば、

現場にどっぷりと入るところもあると思いますので、

少なくとも介護経験があった方が良いように思いますが、

デイサービスであれば、施設経験があれば余裕なのでないでしょうか。

未経験でも、最初は戸惑うと思いますが、なんとかなります。


給料は?

給料は、手取りで180,000円前後です。

ただし、介護業界全般だと思いますが、残業代はほとんど出ません。

デイサービスだと送迎の時くらいではないでしょうか?

他のイベントの為に準備したり、記録をしたりはほとんど出ない印象です。


ただし、場所によっては残業代がフルで出るところもあります。

売り上げが好調で、人もいないところですが、、、、、


やりがいはありますか



介護業界の履歴書の中で、一番多い志望動機なのではないでしょうか?

困っている人を助けたいので、やりがいのある介護を選びました。や、

ありがとうといってもらえるやりがいなど、、、、、


確かに、介護業界はやりがいはありますし、

私自身、高齢の方と関わっていてとても楽しいです。


しかし、理想と現実のギャップと言われるように、

施設ならまだしも、在宅だと考えられないようなことも平気で起きるのも事実です。


どんなことにも立ち向かってください。

応援しています。


私からのアドバイスは、時には手を抜くことも必要です。

この一言です。

上手く、バレないように手抜きをしてくださいね。

常に100%の力で関わっていると

人と人との仕事なので、疲れてしまいます。


まとめ

相談員の仕事だけでも、

①デイサービス・ショートステイの生活相談員

②障がい者施設の相談員

③病院の医療ソーシャルワーカー(MSW)

④老人施設の生活相談員

の4つありますし、

高齢者を対象にするのか、子供を対象にするのか、

障がいのある方なのかでも変わってきます。

どれもやりがいのある面白い仕事です。


オススメします!

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hikarikoubou.aをフォローする
スポンサーリンク
hikariblog

コメント